" />

on the train from Arles...

I attended international Arles Photo Festival  “Les Recontres d’Arles 2012” I flew to Paris and took a train to Arles.   My trip to France this time, in short, was hard, very very hard.  I experienced a lot of misfortunes and discouragements in both cities.  But the last 2 days I stayed in Maeve resort, outside of City Arles, was full of magic and enlightenment.

…On the night of July 7 after all my reviews were finished, I walked back to my hotel, Maeve resort that is outside of city Arles.   I was really depressed, discouraged, despaired, all the things and very hungry.  But all the restaurants were closed.  I asked for a glass of red wine, they did not offer red.  So I had a glass of rose.  I was alone in the bar feeling really miserable after the horrible review with that French woman in the afternoon.  A young French waiter came and asked me other patrons at the bar wanted to know why I looked so sad.  I looked up at him and said “because I am sad” and my tears streamed down on my cheek.  Next thing I knew that “the other patrons” at the bar who had asked about me, came around my seat and tried to cheer me up.  There were 2 middle aged couples that barely speak English but French… and me, no French at all.  They said something like “ why are you sad, sky is blue, its beautiful summer, don't be sad”    

Who knew that it was just the beginning of wonderful Southern French/Provence hospitality I received for next 2 days. 

I don't ever know where to begin or how to tell you a full version of my trip… I photographed in Paris, Arles and Maeve resort.  I am looking forward developing these negatives very much, after I get home in Boston.  Once photos are printed, I may not have to tell you any stories : you know a photo is supposed to be worth 1000 words.  I am on train now from Arles to Paris. Just in case I would forget to mention anyone from Maeve. I would like to write down the wonderful personalities I met in Maeve resort.

Jessica:  A short haired cute aspiring French photographer who lives with her family and her boyfriend in Caravan.

Tony: fun loving French man whom you can just tell he has a good heart

Selina: Tony’s girlfriend, a gentle soul

Tonio  & Morgan:  Tony and Selina’s cute kids 

Mitchel: a French woman with lots of spunks

Guido: Shy-ish cute smile French waiter who speak English.

Sango: Half Japanese-French hard working high school student who wishes to fly around the world someday.

今年のアルル国際写真フェスティバルに参加した。ボストンからパリに飛行機で行き、パリから電車で南下してアルルまでいく、というルートだ。今回のフランス旅行(パリ、アルル両方)は一言でいうと、とても大変だった。私の準備不足もあったし、あまさもあったし、不運も重なったといっていいだろう。その中でアルル郊外のリゾートホテルMaeveで過ごした2日間は私にとって、かけがえのない休日だった。

アルル国際写真フェスティバルでの最後の写真レビューが終わった7月9日の夜、私はしょんぼりと一人で郊外にとったMaeve リゾートというホテルまで歩いて帰ってきた。その日の午後はとてもきついフランス人の女性とのレビューが最後で精神的にコテンパンにやられた、といった感じだった。ホテルに帰ってきて、おなかがぺこぺこだったのでレストランを探したら、もう閉店後といわれたので、バーにいった。バーもキッチンがしまった後だったが、お腹になんでもいいから入れたい気持ちと午後からひきずっているやるせない気持ちからロゼを注文した。一人で惨めな気持ちで座っていたら、若いフランス人のウェイターがやってきて、「他のお客さんたちが「あの子はなんで悲しそうなの」って心配していますよ」といった。私は彼の若い笑顔を見ながら「それは私が悲しいからよ」といったら涙が自然とぽろぽろ落ちてきた。それをみていた 「あの子はなんで悲しそうなの」と聞いた「他のお客さんたち」の2組の40代位のカップルがびっくりしてやってきた、片言の英語で空は綺麗で夏なのに、なんで悲しいの。と私が笑顔になれるように質問をしたり、賑やかにしてくれた。彼らはほとんど英語が喋れず、フランス語オンリー、私はフランス語全くだめ。それでも通じるものがあった、というのだろうか。これが私のMaeveで過ごして、出会った人たちとのマジカルな2日間の始まりだった。

 行った先々でフィルム写真を撮ったのでボストンに戻ったあと現像するのがたのしみだ。写真ができたら、もっと詳しく旅行のことを書きたいと思う。今はアルルからパリに戻る電車の中だ。今はまずMaeve で、出会った人たちをだれもわすれたくないから、書き置いておきたいと思う。

ジェシカ:フランス人の写真家の卵。今は家族と恋人とキャラバンに住んでいる。

トニー:楽しいフランス人のおじちゃん。言葉は通じなかったが、心根がいい、とすぐわかるタイプ

セリーナ:トニーの恋人。優しい人

トニオ&モーガン:トニーとセリーナの子ども

ミッシェル:ガッツのあるフランス女性

ギドー:シャイな笑顔がかわいい英語を喋るフランス人ウェイター。

さんごちゃん:フランス人と日本人のハーフの女の子。今はフランスの高校生7月中ホテルで働いて、8月には妹とお母さんの住んでいる香港にいく。夢はスチュワーデスさん。

IMG_0401.jpg

Last cafe in Arles  アルル最後のコーヒー